屋根は普段の生活では気にすることが少なく、また目にも届きにくい部位なので、傷みの進行に気付きにくい場所です。しかし、風や紫外線などの厳しい自然環境に常に晒される場所のため、住宅で一番傷みやすい箇所でもあります。
屋根のメンテナンスタイミングが遅れると、屋根材から下地材を通り、家の骨組みまで傷めてしまいます。また深刻な雨漏りに悩まされることにもつながります。
適切なタイミングで屋根工事・屋根修理をすることで家を長持ちさせることとなります。
棟板金やトタン屋根などの錆の発生を抑えます。
雨漏りは家の腐食を進行させ、カビの原因ともなるのです。
塗装を行うことにより、雨水の浸入や風に対しての補強効果も高まるため家全体の耐久性が高まります。
スレートのコケや、屋根下地部分のカビの発生を抑えます。
スレートや金属部分の腐食が防止でき、将来的な屋根の葺き替え工事を延期できます。
夏場は屋根から屋根裏・2階室内への熱が伝わりにくくなり、室温の上昇を抑えます。(遮熱性)
また 冬場は室内から屋根表面への熱も伝わりにくくなり室温の下降を抑えます。(断熱性)
塗料には大きく分けてアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素・断熱などの特殊塗料があります。
当社ではシリコンを主に使用しており、お客様のご要望に合わせてフッ素・断熱塗料等も塗装しております。シリコン塗料は、紫外線や湿気、汚れに強く、気候・温度の変化に対しても優れた耐久性を持ちます。
アクリル・ウレタンより少し値段は高くなりますが、性能的にはとてもコストパフォーマンスの良い塗料と言えます。
近年では、塗り替え用塗料として、標準的なグレードになってきております。
アクリル塗料は安価で数年前まで幅広く使われていましたが、汚れやすく耐久年数が短いので塗装の塗替え頻度が高くなります。
ウレタン塗料はアクリル塗料よりも耐久性・防水性が高く、比較的安価で現在もよく使用されています。
しかし、シリコンに比べ値段がそれほど変わらないのに耐久性に違いがあります。
また、フッ素塗料は他の塗料に比べて耐用年数が長いのが特徴ですが、高価で塗装費用が高くなります。
外壁塗装と屋根塗装を同時に施工すると、足場代等が一度で済むため費用が抑えられます。

※1 上記はすべて参考価格となります。対応できない地域、建物の形状がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
※2 概算お見積は平米計算となります。予めご了承下さいませ。
着工前にはご近所に挨拶回りに行かせていただきます。
足場を設置し、塗料や落下物の飛散防止のために養生ネットを張ります。
外壁の汚れやコケなどを高圧洗浄で完全に除去していきます。 汚れをきちんと落とさないと、きれいな塗り替えが出来ないので、 下地の洗浄はとても大切な作業です。
ひび割れている箇所の工事や外壁目地のシーリング工事を行います。 見えないところにもこだわることで、出来上がりに違いが出てきます。
下塗り塗料を塗っていきます。これは最終的に塗る塗料が密着しやすいようにするのと、 塗りムラをなくすことが目的です。
お選びいただいた塗料を丁寧に塗っていきます。 基本的には手塗り塗装です。
中塗りと同じ塗料を再度、丁寧に塗っていきます。
塗り替えが完了したら、お客様に最終チェックをしていただきます。
最終チェックが完了しましたら、家の周りなどを掃除してお引渡しです。 ここからはアフターフォローがスタートです。どんな些細なことでも 気になることがありましたらお気軽にご連絡くださいませ。
工事が完了しましたら、[塗装工事保証書]をお渡ししております。私たちは責任をもって仕事をしております。万が一、保証期間内に不具合が生じた場合はご連絡くださいませ。1級塗装技能士が責任をもって調査いたします。
雨漏り・ひび割れ・色褪せ・コケ・塗装はがれ・壁の破損等を、実際に拝見し、現在の状況を無料診断いたします。
プロの職人が診断書を作成し、最適な解決方法をご提案いたします。
直接お電話でのご相談とメールフォームでのご相談を承っています。
お気軽にご相談ください。
〒311-3117 茨城県東茨城郡茨城町桜の郷3124-18
TEL.029-210-2253 FAX.029-307-8166
Copyright (C) 2017 UTSUGI PAINT. All Rights Reserved.
サイトポリシー プライバシーポリシー